logo
CES 2015

3Dプリンタも各社製品が一堂に--CES 2015で見た展示やデモ - 24/28

Dong Ngo (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2015年01月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Old World Labsの「OWL MC-1」

 3Dプリンタ「OWL MC-1」は、間違いなく市場で最も高価な3Dプリンタだろう。実際のところ、あまりにも高価であるため購入はできない。このため毎月2000ドルずつ支払ってレンタルするようになっている。最低契約期間は5年間であり、最初に2万ドルを前払いする必要がある。

 これほどまでに高価な理由は、1ミクロンという極めて解像度の高いオブジェクトを500ナノメートルの誤差でプリントできるところにある。つまり、詳細を見るには顕微鏡を使用しなければならないくらいのとても精密な、あるいはとても小さな部品をプリントできるのだ。

 Old World Labsによると、この価格には3Dプリント技術とメンテナンスという観点から製品を最新のものにアップデートし続けるための料金が含まれているという。

Old World Labsの「OWL MC-1」

 3Dプリンタ「OWL MC-1」は、間違いなく市場で最も高価な3Dプリンタだろう。実際のところ、あまりにも高価であるため購入はできない。このため毎月2000ドルずつ支払ってレンタルするようになっている。最低契約期間は5年間であり、最初に2万ドルを前払いする必要がある。

 これほどまでに高価な理由は、1ミクロンという極めて解像度の高いオブジェクトを500ナノメートルの誤差でプリントできるところにある。つまり、詳細を見るには顕微鏡を使用しなければならないくらいのとても精密な、あるいはとても小さな部品をプリントできるのだ。

 Old World Labsによると、この価格には3Dプリント技術とメンテナンスという観点から製品を最新のものにアップデートし続けるための料金が含まれているという。

提供: Dong Ngo/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]