logo
CES 2015

3Dプリンタも各社製品が一堂に--CES 2015で見た展示やデモ - 21/28

Dong Ngo (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2015年01月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Mcor Technologiesの3Dカラープリンタ「Mcor IRIS」

 「Mcor IRIS」は通常のプリンタ用紙を1枚ずつ積み重ね、カラーの3Dオブジェクトを完成させるという製品だ。このプリンタは選択的積層(SDL)方式を採用しており、紙に色を印刷して切断し、それを3Dパーツとしてプレスし、のり付けして1つの完成品を作成するようになっている。オブジェクトの高さが高いほど、多くの紙が必要となる。デモでは極めてうまく動作していた(写真の左下に写っている、2つのオブジェクトに注意してほしい)が、動作速度はかなり遅い。

 Mcor IRISの価格は非常に高く、5万4000ドルとなっている。また、3万4000ドルのモノクロ版も用意されている。

Mcor Technologiesの3Dカラープリンタ「Mcor IRIS」

 「Mcor IRIS」は通常のプリンタ用紙を1枚ずつ積み重ね、カラーの3Dオブジェクトを完成させるという製品だ。このプリンタは選択的積層(SDL)方式を採用しており、紙に色を印刷して切断し、それを3Dパーツとしてプレスし、のり付けして1つの完成品を作成するようになっている。オブジェクトの高さが高いほど、多くの紙が必要となる。デモでは極めてうまく動作していた(写真の左下に写っている、2つのオブジェクトに注意してほしい)が、動作速度はかなり遅い。

 Mcor IRISの価格は非常に高く、5万4000ドルとなっている。また、3万4000ドルのモノクロ版も用意されている。

提供: Dong Ngo/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]