logo

海外テクノロジ業界の14の失敗--画像で振り返る2014年 - 6/14

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月23日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9. 競争が激化する配車サービス業界

 競争があるところには、卑劣な策略がある。Lyftが8月に主張したところによると、競合の配車サービスUberの従業員が9カ月間にわたって配車の予約とキャンセルを数え切れないほど繰り返したという。この動きは運転手を引き抜く策略の一環だとLyftは主張した。Uberはこうした主張を「明らかな嘘」と評した。

 問題は、配車アプリの「Gett」もUberに対して同様の主張を展開しており、Uberが「サービス拒否」型の攻撃を用いて運転手を引き抜いた、と述べていることだ。このケースでUberは、その戦術が「あまりにも攻撃的すぎたようだ」と述べた。

 Uberの幹部が11月、気に入らない記事を書いたジャーナリストの信用を失墜させる計画に100万ドルを投じるかもしれない、と述べたことも、同社のイメージを傷つけた。Uberの最高経営責任者(CEO)であるTravis Kalanick氏は、幹部のEmil Michael氏の発言について、「リーダーシップと人間性を欠いており、当社の価値観や理想とかけ離れたものだ」と述べた。しかし、Michael氏は今もUberに在籍している。Kalanick氏が「間違いを犯す者はそこから学ぶことができる」と感じているからだ。

 この件の教訓は、ジャーナリストとの夕食会でジャーナリストの信用を失墜させる計画の話をしてはいけない、ということだ。
Scroll Right Scroll Left

9. 競争が激化する配車サービス業界

 競争があるところには、卑劣な策略がある。Lyftが8月に主張したところによると、競合の配車サービスUberの従業員が9カ月間にわたって配車の予約とキャンセルを数え切れないほど繰り返したという。この動きは運転手を引き抜く策略の一環だとLyftは主張した。Uberはこうした主張を「明らかな嘘」と評した。

 問題は、配車アプリの「Gett」もUberに対して同様の主張を展開しており、Uberが「サービス拒否」型の攻撃を用いて運転手を引き抜いた、と述べていることだ。このケースでUberは、その戦術が「あまりにも攻撃的すぎたようだ」と述べた。

 Uberの幹部が11月、気に入らない記事を書いたジャーナリストの信用を失墜させる計画に100万ドルを投じるかもしれない、と述べたことも、同社のイメージを傷つけた。Uberの最高経営責任者(CEO)であるTravis Kalanick氏は、幹部のEmil Michael氏の発言について、「リーダーシップと人間性を欠いており、当社の価値観や理想とかけ離れたものだ」と述べた。しかし、Michael氏は今もUberに在籍している。Kalanick氏が「間違いを犯す者はそこから学ぶことができる」と感じているからだ。

 この件の教訓は、ジャーナリストとの夕食会でジャーナリストの信用を失墜させる計画の話をしてはいけない、ということだ。

提供: Dara Kerr/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]