logo

海外テクノロジ業界の14の失敗--画像で振り返る2014年 - 14/14

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月23日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1. RadiumOneをめぐる騒動

 さまざまな失敗を紹介してきたが、最後はRadiumOneの元CEOであるGurbaksh Chahal氏だ。

 この知名度の低い新興企業は、考えうる最悪の形で大きく報道された。Chahal氏は30分にわたる暴行で恋人を117回殴ったとして、暴行と家庭内暴力の罪で逮捕され、有罪判決を受けた。同氏は当初、自分は無実であるというツイートを投稿し、偏った報道をしているとしてメディアを非難したが、その後、それらのツイートを削除している。Chahal氏が同社を去る必要があったのは明白だったが、辞めるときも騒動があった。同氏は取締役会に宛てた書簡の中で、取締役陣の決定に「深く失望」したと述べ、解雇は不当だと主張した。この劇的な出来事はそれで終わりではなかった。米CNETは、RadiumOneの別の従業員が身元を偽って生活し、働いていることを突き止めた。このようなニュースをでっち上げることはできない。

 RadiumOneの新CEOのBill Lonergan氏は、その劇的な出来事が事実であることを認めたが、それは6月には終わっていたと述べた。Lonergan氏は、RadiumOneは主要な顧客は全く失っておらず、第2四半期は同社史上最高の四半期だったと付け加えた。
Scroll Right Scroll Left

1. RadiumOneをめぐる騒動

 さまざまな失敗を紹介してきたが、最後はRadiumOneの元CEOであるGurbaksh Chahal氏だ。

 この知名度の低い新興企業は、考えうる最悪の形で大きく報道された。Chahal氏は30分にわたる暴行で恋人を117回殴ったとして、暴行と家庭内暴力の罪で逮捕され、有罪判決を受けた。同氏は当初、自分は無実であるというツイートを投稿し、偏った報道をしているとしてメディアを非難したが、その後、それらのツイートを削除している。Chahal氏が同社を去る必要があったのは明白だったが、辞めるときも騒動があった。同氏は取締役会に宛てた書簡の中で、取締役陣の決定に「深く失望」したと述べ、解雇は不当だと主張した。この劇的な出来事はそれで終わりではなかった。米CNETは、RadiumOneの別の従業員が身元を偽って生活し、働いていることを突き止めた。このようなニュースをでっち上げることはできない。

 RadiumOneの新CEOのBill Lonergan氏は、その劇的な出来事が事実であることを認めたが、それは6月には終わっていたと述べた。Lonergan氏は、RadiumOneは主要な顧客は全く失っておらず、第2四半期は同社史上最高の四半期だったと付け加えた。

提供: Getty Images for Fox, Charley Gallay

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]