海外テクノロジ業界の14の失敗--画像で振り返る2014年 - 5/14

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年12月23日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10. 見放されたAereo

 Aereoの放送は終了したようだ。

 同社は小型アンテナのネットワークを利用して、テレビ放送電波を(放送局に全く料金を支払わずに)受信し、会員が低額の月間利用料でネット接続型デバイスにストリーミングできるようにしていた。しかし、Aereoは最高裁判所という電動丸ノコに向かって突き進み、同社のサービスは違法と判断された。その判決は、米CNETの運営元CBSなどのテレビ放送局にとっては勝利であり、Aereoにとっては死刑宣告となった。

 同社は10月、さらなる打撃を受けた。米連邦地方裁判所が、Aereoに対する仮差し止め命令を求める放送局各社の訴えを認めたからだ。そして11月、何カ月にもわたって「まだ死んでいない」と宣言してきたAereoは、米連邦破産法第11章の適用を申請し、最高裁判決の後も事業を継続していく実行可能な選択肢がなくなったことを認めた。
Scroll Right Scroll Left

10. 見放されたAereo

 Aereoの放送は終了したようだ。

 同社は小型アンテナのネットワークを利用して、テレビ放送電波を(放送局に全く料金を支払わずに)受信し、会員が低額の月間利用料でネット接続型デバイスにストリーミングできるようにしていた。しかし、Aereoは最高裁判所という電動丸ノコに向かって突き進み、同社のサービスは違法と判断された。その判決は、米CNETの運営元CBSなどのテレビ放送局にとっては勝利であり、Aereoにとっては死刑宣告となった。

 同社は10月、さらなる打撃を受けた。米連邦地方裁判所が、Aereoに対する仮差し止め命令を求める放送局各社の訴えを認めたからだ。そして11月、何カ月にもわたって「まだ死んでいない」と宣言してきたAereoは、米連邦破産法第11章の適用を申請し、最高裁判決の後も事業を継続していく実行可能な選択肢がなくなったことを認めた。

提供: Joan Solsman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]