2014年の軍事技術--写真で見るレーザー兵器から統合軽戦術車両まで - 7/12

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月18日 07時30分
 General Dynamicsのバス鉄工所は2014年後半に次世代駆逐艦「USS Zumwalt」(「DDG 1000」)を米海軍に納入する予定だ。このZumwaltは、3隻建造される予定の新しいZumwalt級駆逐艦の1番艦。独特のタンブルホーム船型を採用したこの全長610フィート(約185.9m)の駆逐艦は、2013年10月後半に正式に進水した。この時点で、同艦は約87%完成していた(初期作戦能力を獲得するのは2016年になる見通し)。Zumwaltに搭載される予定の新しいテクノロジには、全電気式の統合電源方式(「未来の高エネルギー兵器やセンサの実現に適している」)や、射程距離63海里のロケット推進式精密誘導弾を発射するための先進砲システム(Advanced Gun System:AGS)などがある。

関連記事:米海軍ズムウォルト級ミサイル駆逐艦--新技術満載の船体を写真で見る
Scroll Right Scroll Left

 General Dynamicsのバス鉄工所は2014年後半に次世代駆逐艦「USS Zumwalt」(「DDG 1000」)を米海軍に納入する予定だ。このZumwaltは、3隻建造される予定の新しいZumwalt級駆逐艦の1番艦。独特のタンブルホーム船型を採用したこの全長610フィート(約185.9m)の駆逐艦は、2013年10月後半に正式に進水した。この時点で、同艦は約87%完成していた(初期作戦能力を獲得するのは2016年になる見通し)。Zumwaltに搭載される予定の新しいテクノロジには、全電気式の統合電源方式(「未来の高エネルギー兵器やセンサの実現に適している」)や、射程距離63海里のロケット推進式精密誘導弾を発射するための先進砲システム(Advanced Gun System:AGS)などがある。

関連記事:米海軍ズムウォルト級ミサイル駆逐艦--新技術満載の船体を写真で見る

提供: General Dynamics via US Navy

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]