logo

2014年の軍事技術--写真で見るレーザー兵器から統合軽戦術車両まで - 11/12

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月18日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米海軍の最新の無人航空機「MQ-8C Fire Scout」の作戦任務は2014年に開始される可能性が高そうだ。製造元のNorthrop Grummanによると、「Bell 407」ヘリコプターをベースとするMQ-8Cは、旧世代の「MQ-8B Fire Scout」の「2倍以上の航続時間と3倍のペイロード」を実現するという。MQ-8Bは数年にわたる運用テストにおいて、アフガニスタンや、ソマリア周辺で任務を遂行した。MQ-8Cの初号機の飛行テストは2013年10月に始まった。11月には、2機目の機体が海軍に納入されている。Northrop Grummanは現在の契約の下で、計14機を製造する予定だ。
Scroll Right Scroll Left

 米海軍の最新の無人航空機「MQ-8C Fire Scout」の作戦任務は2014年に開始される可能性が高そうだ。製造元のNorthrop Grummanによると、「Bell 407」ヘリコプターをベースとするMQ-8Cは、旧世代の「MQ-8B Fire Scout」の「2倍以上の航続時間と3倍のペイロード」を実現するという。MQ-8Bは数年にわたる運用テストにおいて、アフガニスタンや、ソマリア周辺で任務を遂行した。MQ-8Cの初号機の飛行テストは2013年10月に始まった。11月には、2機目の機体が海軍に納入されている。Northrop Grummanは現在の契約の下で、計14機を製造する予定だ。

提供: U.S. Navy photo courtesy of Northrop Grumman

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]