logo

2014年の軍事技術--写真で見るレーザー兵器から統合軽戦術車両まで - 10/12

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月18日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 多くの企業や組織と同様に、米国防総省も2014年に3Dプリンティングへの取り組みを強化するだろう。例えば、米陸軍のPicatinny Arsenalの研究者たちは、インクジェットプリンタと銀などの導電性インクを使って、軍用品のアンテナやヒューズエレメント、電池など、さまざまなものを印刷する作業に励んでいる。いずれは、3Dプリンタで作成されたセンサや無線アンテナが、兵士のヘルメットから砲弾まで、ありとあらゆるものに組み込まれるようになるかもしれない。この写真では、Picatinnyのマテリアルエンジニアが3Dプリンタで作成した物体を見せている。

 3Dプリンティングは、電子機器、アンテナ、センサが組み込まれた小型無人飛行機(UAV)の翼の製造も簡素化し、高速化するかもしれない。
Scroll Right Scroll Left

 多くの企業や組織と同様に、米国防総省も2014年に3Dプリンティングへの取り組みを強化するだろう。例えば、米陸軍のPicatinny Arsenalの研究者たちは、インクジェットプリンタと銀などの導電性インクを使って、軍用品のアンテナやヒューズエレメント、電池など、さまざまなものを印刷する作業に励んでいる。いずれは、3Dプリンタで作成されたセンサや無線アンテナが、兵士のヘルメットから砲弾まで、ありとあらゆるものに組み込まれるようになるかもしれない。この写真では、Picatinnyのマテリアルエンジニアが3Dプリンタで作成した物体を見せている。

 3Dプリンティングは、電子機器、アンテナ、センサが組み込まれた小型無人飛行機(UAV)の翼の製造も簡素化し、高速化するかもしれない。

提供: US Army

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]