2014年の軍事技術--写真で見るレーザー兵器から統合軽戦術車両まで - 12/12

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年01月18日 07時30分
 「X-37B」スペースプレーンが2014年の一定期間、あるいは1年間を通して軌道上を飛行することは、同機が行っている任務が何であれ、ほぼ間違いないように思える。現在のミッション(軌道飛行が2010年に始まってから3回目のミッション)は2013年12月に軌道飛行期間1年の節目を迎えたが、米空軍はX-37Bの帰還時期について、これまでに何も明かしていない(2回目のミッションは469日、つまり15カ月以上続いた)。X-37Bは自律飛行ができるように設計されているため、帰還の際に支援を必要としない。2014年中に4回目の打ち上げを行うことは理にかなっている。なぜなら、X-37B軌道試験機(Orbital Test Vehicle:OTV)(2機存在する)は、よく似た大型スペースシャトルと同様に、再使用できるように設計されているからだ。
Scroll Right Scroll Left

 「X-37B」スペースプレーンが2014年の一定期間、あるいは1年間を通して軌道上を飛行することは、同機が行っている任務が何であれ、ほぼ間違いないように思える。現在のミッション(軌道飛行が2010年に始まってから3回目のミッション)は2013年12月に軌道飛行期間1年の節目を迎えたが、米空軍はX-37Bの帰還時期について、これまでに何も明かしていない(2回目のミッションは469日、つまり15カ月以上続いた)。X-37Bは自律飛行ができるように設計されているため、帰還の際に支援を必要としない。2014年中に4回目の打ち上げを行うことは理にかなっている。なぜなら、X-37B軌道試験機(Orbital Test Vehicle:OTV)(2機存在する)は、よく似た大型スペースシャトルと同様に、再使用できるように設計されているからだ。

提供: U.S. Air Force photo/Michael Stonecypher

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]