logo

米CNETが選ぶ2013年テック業界の出来事ワースト10 - 6/11

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第6位:煙を上げる自動車と航空機

 Boeingの「787 Dreamliner」とTeslaの電気自動車「Model S」でバッテリの火災が相次いだせいで、2013年の空とハイウェイはあまり安全ではなかった。

 2013年、Boeingはスタートでつまずいた。1月に米連邦航空局(FAA)はすべての航空会社に対して、火災を起こしたバッテリの調査のために、Boeingのフラッグシップ機である787 Dreamlinerの飛行中止を命令した。火災原因の調査終了後、Boeingはバッテリの改修計画を用意せざるを得なかった。FAAが最終的に改修を承認したのは4月だ。

 一方のTeslaも一連の悪評に苦しんだ。数台のModel Sが火災を起こして、電気自動車全般の安全性への懸念が生じたからだ。ほかの電気自動車が火災を起こした事故もあった。

 TeslaのCEOのElon Musk氏は火災事故を重く考えず、Model Sは米国で最も安全な自動車だという主張を繰り返した。そして燃えてしまったModel Sの運転者さえ、もう一度購入するつもりだと語った。そういった種類の顧客ロイヤルティは金で買えるものではない。
Scroll Right Scroll Left

第6位:煙を上げる自動車と航空機

 Boeingの「787 Dreamliner」とTeslaの電気自動車「Model S」でバッテリの火災が相次いだせいで、2013年の空とハイウェイはあまり安全ではなかった。

 2013年、Boeingはスタートでつまずいた。1月に米連邦航空局(FAA)はすべての航空会社に対して、火災を起こしたバッテリの調査のために、Boeingのフラッグシップ機である787 Dreamlinerの飛行中止を命令した。火災原因の調査終了後、Boeingはバッテリの改修計画を用意せざるを得なかった。FAAが最終的に改修を承認したのは4月だ。

 一方のTeslaも一連の悪評に苦しんだ。数台のModel Sが火災を起こして、電気自動車全般の安全性への懸念が生じたからだ。ほかの電気自動車が火災を起こした事故もあった。

 TeslaのCEOのElon Musk氏は火災事故を重く考えず、Model Sは米国で最も安全な自動車だという主張を繰り返した。そして燃えてしまったModel Sの運転者さえ、もう一度購入するつもりだと語った。そういった種類の顧客ロイヤルティは金で買えるものではない。

提供: Screenshot by Wayne Cunningham/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]