logo

米CNETが選ぶ2013年テック業界の出来事ワースト10 - 8/11

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第4位:モバイルで苦戦するFacebook

 巨大なソーシャルネットワークとスマートフォンとを組み合わせれば、爆発的な売り上げにつながるはずではないだろうか。実際は、まったく逆だった。

 Facebookは、モバイルの世界に2段階の攻撃で挑もうと試みた。最初の「Facebook Home」はアプリとソフトウェアの集合体で、基本的には「Android」スマートフォンを乗っ取り、多くの報道がなされていた、あの架空のFacebookフォンに変えるものだった。Facebook Homeは、Facebookが自分たちのサービスをひどく過大評価していることを示す良い例となった。人々はソーシャル上で互いの近況をチェックするのが好きだが、Facebookが考えるほどではない。

 Android純粋主義者にとって、Facebook Homeは最悪のブロートウェアだった。

 Facebookはそれ以降、スマートフォンを乗っ取るという野心的な計画の規模を縮小して、代わりにコアとなるFacebookアプリやメッセージサービスといった、個別アプリの機能を高めることに力を注ぐようになった。Facebookの将来構想はかなり控えめなものになると考えて間違いない。

 そして実際のFacebookフォンはどうなったのだろうか。「HTC First」は、Facebook Homeをプレインストールした、非常に控えめなAndroidスマートフォンだ。それは大失敗で、発売から1カ月足らずで値下げされ、HTCの苦悩を深めることになった。
Scroll Right Scroll Left

第4位:モバイルで苦戦するFacebook

 巨大なソーシャルネットワークとスマートフォンとを組み合わせれば、爆発的な売り上げにつながるはずではないだろうか。実際は、まったく逆だった。

 Facebookは、モバイルの世界に2段階の攻撃で挑もうと試みた。最初の「Facebook Home」はアプリとソフトウェアの集合体で、基本的には「Android」スマートフォンを乗っ取り、多くの報道がなされていた、あの架空のFacebookフォンに変えるものだった。Facebook Homeは、Facebookが自分たちのサービスをひどく過大評価していることを示す良い例となった。人々はソーシャル上で互いの近況をチェックするのが好きだが、Facebookが考えるほどではない。

 Android純粋主義者にとって、Facebook Homeは最悪のブロートウェアだった。

 Facebookはそれ以降、スマートフォンを乗っ取るという野心的な計画の規模を縮小して、代わりにコアとなるFacebookアプリやメッセージサービスといった、個別アプリの機能を高めることに力を注ぐようになった。Facebookの将来構想はかなり控えめなものになると考えて間違いない。

 そして実際のFacebookフォンはどうなったのだろうか。「HTC First」は、Facebook Homeをプレインストールした、非常に控えめなAndroidスマートフォンだ。それは大失敗で、発売から1カ月足らずで値下げされ、HTCの苦悩を深めることになった。

提供: James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]