logo

米CNETが選ぶ2013年テック業界の出来事ワースト10 - 9/11

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第3位:「Windows」をめぐるさまざまな問題

 Microsoftにとって2013年は良い年ではなかった。Xbox Oneは2013年にそれなりのプレッシャーを受けたが、少なくともこのゲーム機はヒットした。

 「Windows 8」や、その兄弟OSである「Windows RT」については同じことは言えない。このOSでは、タッチスクリーン主体のタイルデザインを従来のデスクトップインターフェースに統合したが、消費者に新しいPCを買う気を起こさせることはできなかった。

 実際のところ、多くの人が2013年はPC復活の年になると宣言していたにもかかわらず、売り上げは年間を通して下落し続けた。GartnerのアナリストのTracy Tsai氏は、状況は底を打っており、第4四半期には、1年前から3%のみの減少へと「改善する」と考えている。

 PCの売り上げは、タブレット人気の高まりのあおりを大きく受けてきた。残念ながらMicrosoft独自のタブレットである「Surface」はその需要の恩恵を受けていない。実際にMicrosoftは売れ残りの「Surface RT」を一掃するために、9億ドルをかけて「在庫調整」を行わなければならなかった。

 Windowsには暗い話しかなかったわけではない。同社の「Windows Phone」は2013年、Nokiaが数多くの新しいスマートフォンを生み出したことに助けられて、市場シェアをいくらか伸ばした。

 しかし、タイルデザインが消費者に受けなかったことは明らかだ。それは、「Windows 8.1」には、起動時に従来のデスクトップインターフェースを直接表示させる機能が追加されたことからも分かる。
Scroll Right Scroll Left

第3位:「Windows」をめぐるさまざまな問題

 Microsoftにとって2013年は良い年ではなかった。Xbox Oneは2013年にそれなりのプレッシャーを受けたが、少なくともこのゲーム機はヒットした

 「Windows 8」や、その兄弟OSである「Windows RT」については同じことは言えない。このOSでは、タッチスクリーン主体のタイルデザインを従来のデスクトップインターフェースに統合したが、消費者に新しいPCを買う気を起こさせることはできなかった。

 実際のところ、多くの人が2013年はPC復活の年になると宣言していたにもかかわらず、売り上げは年間を通して下落し続けた。GartnerのアナリストのTracy Tsai氏は、状況は底を打っており、第4四半期には、1年前から3%のみの減少へと「改善する」と考えている。

 PCの売り上げは、タブレット人気の高まりのあおりを大きく受けてきた。残念ながらMicrosoft独自のタブレットである「Surface」はその需要の恩恵を受けていない。実際にMicrosoftは売れ残りの「Surface RT」を一掃するために、9億ドルをかけて「在庫調整」を行わなければならなかった。

 Windowsには暗い話しかなかったわけではない。同社の「Windows Phone」は2013年、Nokiaが数多くの新しいスマートフォンを生み出したことに助けられて、市場シェアをいくらか伸ばした。

 しかし、タイルデザインが消費者に受けなかったことは明らかだ。それは、「Windows 8.1」には、起動時に従来のデスクトップインターフェースを直接表示させる機能が追加されたことからも分かる。

提供: Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]