「Xbox One」レビュー(前編)--リビングの中心に置く次世代エンターテイメントシステム - (page 5)

Jeff Bakalar (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年11月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kinect 2.0とXbox Oneのインターフェース

 Microsoftは、モーション検知と音声認識を可能にするKinectにすべてを賭けていたようだが、ゲームファンのコミュニティーからの猛反発にあった。確かに、Xbox Oneを動作させるのにKinectは必須ではないが、それでもKinectは体験に深いレベルで組み込まれている。

 Xbox OneはKinectと音声だけでほぼ完全に操作可能だが、イライラさせられる場面もないわけではない。Kinectはいつでも正確に音声コマンドを認識できるわけではない。命令を何度もはっきり発音し直していると、コントローラなら数秒で済む操作も、ずっと時間がかかることもある。

 Kinect 2.0ではいくつかの新しい音声コマンドとジェスチャーコマンドが導入されたが、どれも慣れるにはそれなりに時間がかかる。実際、Microsoftは筆者に、30の新しいボイスコマンドと、5つの新しいジェスチャーコマンドが載ったリストをくれた。

提供:CBS Interactive
提供:CBS Interactive

 音声操作がうまくいくと、Kinectはとても爽快な「アハ体験」を与えてくれる。電源を入れるといった簡単な作業でさえ、コントローラなしでできるのを1度体験してしまうと、それがない状態には戻れなくなる。

 Xbox Oneは、顔を見せるだけでログインすることができる。より正確に言えば、6つまでの顔で、6人までログイン可能だ。コントローラをオンにすると、どのプレイヤーがどのコントローラを持っているかが認識される。これは巧妙で効果的なトリックだ。特に、複数のユーザーが1台のゲーム機を共有している時には役に立つ。

 普段使っている自宅のもの以外のXbox Oneにログインした場合、そのユーザーがコントローラのホームユーザー(Homeボタンを押すことを意味する)である場合のみ、自分のコンテンツを利用できる。別のユーザーがHomeボタンを押せば、その人がそのゲーム機を操作する権利を得る。これは、どのゲームやセーブデータが利用できるかにも影響する。基本的に、Xbox Liveアカウントは、ユーザーの移動先に付いてくる。Xbox Liveアカウントについては、後ほどもう少し詳しく説明しよう。

 Skypeアプリの利用は、非常に素晴らしい体験だ。Kinectのセンサは機械的に動くものではないが、部屋の人数に応じてズームインやズームアウトすることができる。Skypeの動画フィードは、ユーザーの骨格を追跡することによって、ビデオ会議中に全員が画面内に収まるように調整してくれる。SkypeはOSに上手に組み込まれており、独自の音声コマンドに応答する。

 Xbox Oneのインターフェースが、「Windows 8」のタイルを使ったデザインに似ていることは否定できない。特に、ユーザーが画面に項目をピン留め出来るところは似ている。アプリやゲームから、特定のアルバムや映画、テレビ番組まで、ほとんどあらゆるものをピン留め可能だ。ユーザーはテーマカラーを選ぶことができ、画面をある程度カスタマイズできる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]