logo

グーグルの新型「Nexus 7」レビュー--「Android 4.3」搭載、7インチタブレットの決定版

Eric Franklin (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年08月12日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Nexus 7」は、同クラスのものと比較すると、現在手に入る最高の小型タブレットだ。驚くほどシャープで明るいスクリーンを持ち、ゲームの性能は第4世代「iPad」に次ぎ、Googleブランドのタブレットとして、ほかのタブレットブランドよりもいち早く最新の「Android」を搭載している。

 また、230ドル(16Gバイトモデル)という価格は、先代よりも30ドル高くなっているものの、依然として購入しやすい水準であり、出回っている中ではもっとも価値の高いタブレットの1つだ。270ドルの32GバイトWi-Fiモデルや、350ドルの4G LTEモデルは、特に「iPad mini」と似た構成であることを考えるとさらに価値が高いと言える。

 たしかに、2012年のトップクラスの小型タブレットと比べれば安くはないし、スクリーンは「iPad mini」ほど大きくなく、「Android 4.3」には、サムスンが「GALAXY Tab 3」に詰め込んだいくつかの便利なUIも入っていない。しかし、Nexus 7の非常に鮮明な画面と、その処理性能を考えれば、それらの問題点はささいなことにすぎない。欠点もあるが、Nexus 7は筆者お勧めの小型タブレットであり、現時点では最高の価値を持ったタブレットだと言える。

デザイン

 重さ0.64ポンド(290g)のNexus 7は、このクラスでは過去最軽量であり、縦向きの状態で4.5インチ(114mm)という幅の狭さため、おそらくもっとも片手で使いやすい小型タブレットだ。デザインは極めてシンプルで、色は黒であり、正直なところやや装飾に欠けている。手触りは初代に比べてざらついており、個人的には2012年版Nexus 7の、柔らかで魅力的な感触の方が好きだ。

 背面のなめらかなつや消し仕上げは、2012年版Nexus 7の柔らかいレザーに似た背面に比べると、触り心地でも滑りにくさでも劣る。また、この新型は角の丸みが減っており、底辺に配置されたMicro-USBポートは、出っ張っていて、横向きに持つと気になってしまう。

提供:Josh Miller/CNET
この写真で、先代と新型のNexus 7の外見の違いが分かってもらえるかもしれない。
提供:Josh Miller/CNET

 上部と下部の枠部分はどちらも約1インチ(2.54cm)長くなっている一方、左右の枠部分は初代よりもさらに細くなっている。以前より枠がずっと細くなっているにも関わらず、間違って画面に触れてしまっても問題は起きないようだ。

テスト対象 Google Nexus 7 Google
Nexus 7
(2012)
Apple
iPad mini
サムスン
GALAXY Tab 3
(8インチ)
サムスン
GALAXY Note 8
重量
(ポンド)
0.66(299g) 0.75(340g) 0.68(308g) 0.7(314g) 0.76(345g)

(インチ
横向き)
7.8
(約198.5mm)
7.8
(約198.5mm)
7.9
(約200mm)
8.2
(約209.8mm)
8.3
(約210.8mm)
高さ
(インチ)
4.5
(約114mm)
4.7
(約120mm)
5.3
(約134.7mm)
4.8
(約123.8mm)
5.4
(約135.9mm)
厚さ
(インチ)
0.34
(約8.65mm)
0.41
(約10.45mm)
0.28
(約7.2mm)
0.27
(約7.4mm)
0.31
(約7.95mm)
ベゼルの幅
(インチ
横向き)
1.0
(約25.4mm)
0.8
(約20mm)
0.25
(約6.35mm)
0.28
(約7.11mm)
0.7
(約17.78mm)

-PR-企画特集