logo

NASA設立55周年--写真で振り返る数々の挑戦 - 9/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Surveyor 1の足跡(「着陸装置跡」と言うべきだろうか)を追って、「Viking 1」は1975年8月20日にケネディ宇宙センターから打ち上げられ、11カ月後に火星に着陸した。Vikingが火星で主要任務を行ったのはわずか数カ月だったが、地球へのデータ送信は1982年まで続いた。
Scroll Right Scroll Left

 Surveyor 1の足跡(「着陸装置跡」と言うべきだろうか)を追って、「Viking 1」は1975年8月20日にケネディ宇宙センターから打ち上げられ、11カ月後に火星に着陸した。Vikingが火星で主要任務を行ったのはわずか数カ月だったが、地球へのデータ送信は1982年まで続いた。

提供: NASA/JPL-Caltech/University of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]