logo

NASA設立55周年--写真で振り返る数々の挑戦 - 14/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月02日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペースシャトル計画が終わりに近づいたころ、勇敢な3台の探査機が人々の視線と想像力を空に向け続けるのに一役買った。これらの探査機はそれぞれ、火星表面を探査するミッションのために火星に着陸している。「Spirit」「Opportunity」、そして現在の「Curiosity」(この写真の探査機だ)は、火星に生命を維持できる条件がある、あるいは過去にその条件があったという可能性をうかがわせる、興味深い観測を行ってきた。決定的な成果はまだ出ていないが、Curiosityの着陸時に有名になったモヒカンスタイルのNASA職員を見られただけでも価値があった。
Scroll Right Scroll Left

 スペースシャトル計画が終わりに近づいたころ、勇敢な3台の探査機が人々の視線と想像力を空に向け続けるのに一役買った。これらの探査機はそれぞれ、火星表面を探査するミッションのために火星に着陸している。「Spirit」「Opportunity」、そして現在の「Curiosity」(この写真の探査機だ)は、火星に生命を維持できる条件がある、あるいは過去にその条件があったという可能性をうかがわせる、興味深い観測を行ってきた。決定的な成果はまだ出ていないが、Curiosityの着陸時に有名になったモヒカンスタイルのNASA職員を見られただけでも価値があった。

提供: NASA/JPL-Caltech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]