logo

NASA設立55周年--写真で振り返る数々の挑戦 - 11/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月02日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 いくらか標準化された定期的な宇宙飛行は、スペースシャトル計画のスタートによって可能になった。初の再利用可能な宇宙機であるスペースシャトル(この写真の「Atlantis」など)は、2度の大事故にもかかわらず長年にわたって運用された。スペースシャトル計画は現在では正式に終了しており、NASAは再び、小惑星を捕獲することから火星への有人飛行まで、さらなる高みを目指そうとしている。
Scroll Right Scroll Left

 いくらか標準化された定期的な宇宙飛行は、スペースシャトル計画のスタートによって可能になった。初の再利用可能な宇宙機であるスペースシャトル(この写真の「Atlantis」など)は、2度の大事故にもかかわらず長年にわたって運用された。スペースシャトル計画は現在では正式に終了しており、NASAは再び、小惑星を捕獲することから火星への有人飛行まで、さらなる高みを目指そうとしている。

提供: NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]