logo

Twitter、音楽サービス「Twitter #music」を一般向けに提供開始--米国など6カ国から利用可能に - (page 2)

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月19日 07時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 #musicアプリは、Twitter上でのアクティビティを利用する。これには、ツイートや他のエンゲージメントが含まれ、最も人気の楽曲や新進気鋭のアーティストを検出するとTwitterは説明する。また、同アプリは、アーティストの音楽関連のTwitterアクティビティを前面および中心に据えており、ユーザーがアーティストのプロフィールを訪れ、彼らがフォローしているミュージシャンや好きな音楽を知ることができる。また、ユーザーは、同アプリから直接楽曲をツイートできる。

提供:Twitter
提供:Twitter

 Twitterは現在、「iTunes」「Spotify」「Rdio」という3つのサービスから楽曲を集めている。デフォルトでユーザーは、アプリ内で楽曲を探している時にiTunesが提供するプレビューを聞くことができ、RdioおよびSpotifyの会員である場合、自分のアカウントにログインして、これらサービスを通じて楽曲全体を聞くことができる。Twitterは、今後も他のサービスを研究して追加する予定だと述べている。

 同アプリは、ユーザーのナビゲーションを容易にする複数の基本的なタブを備えている。「#NowPlaying」は、ユーザーがフォローしているアーティストや他のユーザーがどの曲についてツイートしているかを示す。「Suggested」タブは、ユーザーが好きだと思われるおすすめのアーティストを表示する。そして、「Profile」タブは、特定のユーザーがどのアーティストをフォローしているかを見ることができる。楽曲をフォロワーと共有するには、アプリの左下にある回転するディスクをタップする。これによりプレーヤーが表示され、右上にあるアイコンを使ってツイートすることができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]