logo

マイクロソフトの「Surface Pro」レビュー(前編)--性能やデザイン、使用感など紹介 - (page 4)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年02月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Surface Pen」

 Surface Proは感圧式のスタイラスペンをサポートしており、外出時にはSurface Proの電源コネクタに磁力で固定できる独自の「Surface Pen」が付属してくる。筆記や描画は自然なフィーリングで行え、iPadで静電容量式スタイラスペン(異なったテクノロジを使用している)を使った場合よりもずっと高い応答性であった。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 「Windowsストア」にあった簡単なペイントソフトをいくつか使ってみたが、4歳になる息子や筆者が楽しむ分には十分容易に使用できた。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

 Surface Proには「興味深い要素」が確かに存在しているものの今のところは、iOSやAndroidで多数見られるような、タブレットフレンドリーなアプリが十分そろっているとは言い難い。Surface上でWindowsのレガシーアプリを思いのままに実行することも可能であるが、そういったアプリはタッチフレンドリーなものとはなっていないはずだ。

スピーカーとカメラ

 組み込みまれているステレオスピーカーの音質は十分であるものの、素晴らしいと言うほどではない。しかし、こういった小型機器の音としては良い方である。

 Surface Proには前面と背面のそれぞれにカメラが搭載されており、その解像度はどちらも720pとなっている。高解像度カメラは搭載されていない。前面カメラでビデオチャットを行う場合はそれでも構わないが、背面カメラの性能としては少し残念だ(もっとも、Surface Proを構えて撮影する姿を想像するのは難しい)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]