logo

「Mac」を初めて使う「Windows」ユーザーのための10のティップス

Erik Eckel (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年12月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows」PCから「Mac」への転向は、ITに詳しいユーザーであってもイライラさせられたり混乱させられたりする場合がある。本記事ではこういった転向時の混乱をやわらげるティップスを紹介する。

 コンピュータのプラットフォームはしばしば、政治的な嗜好や宗教的な信念にたとえられる。というのも、こういったものにとらわれ過ぎると、視野が狭くなったり、柔軟性を欠いたり、何らかの矛盾に直面した際の適応力が低下する場合もあるためだ。とは言うものの、Windowsシステム以外のプラットフォームを導入したり、さまざまな理由でWindows PCからMacへの置き換えを進めている企業も数多くある(クラウドコンピューティングの普及によって特定プラットフォームへの依存が弱まったということもあるはずだ)。以下は、Macへの移行を容易にするとともに、WindowsユーザーのMacへの移行を支援するための10のティップスである。

#1:「OS X」とWindowsの違いを説明する

 「OS X」というオペレーティングシステムと、そのユーザーインターフェースは、Microsoftの「Windows XP」や「Windows Vista」「Windows 7」とは大きく異なっている。Microsoftは「Windows 8」で大きな改良を施し、Macに対抗するための歩を進めているものの、ほとんどのWindowsユーザーはアプリケーションや設定画面をオープンする際、「スタート」ボタンをクリックして表示される一連のメニューを経由しているはずだ。OS Xはこういった方法を採用しておらず、アプリケーションのオープンは簡単なジェスチャーで行えるようになっている(詳細については6番の項目で解説している)。

 またWindowsユーザーであれば、ソフトウェアアプリケーションを入手する場合、店頭に出向いて購入したり、さまざまなソフトウェア会社のウェブサイトにアクセスして(偽のサイトやフィッシングサイトではなく、本物のサイトであることを願いながら)ダウンロードするという方法に慣れ親しんでいるはずだ。しかし、OS Xでは「App Store」がOSに統合されているため、簡単な手順でソフトウェアを入手できる。なお、MicrosoftはWindows 8のリリースによって、ようやくソフトウェアの入手方法を簡素化できた段階である。

 Macを使い始めたばかりのユーザーに対しては、OS XというOSが、Windowsに比べると安定性や信頼性に優れているとされており、セキュアなコードベースを採用したUNIXの一種であるという概要を簡単でもよいので説明しておくべきだろう。また、よく使うコマンドや一般的なプログラムの拡張子がWindowsとは異なっているということも理解しておいてもらう必要がある。例えば、Macでソフトウェアをインストールする場合には.exeという拡張子ではなく、.dmgという拡張子のファイルを見つけ出すことになる。

#2:「Dock」について説明する

 Windowsユーザーであれば、タスクバーに慣れ親しんでいるはずだ。タスクバーはたいていの場合、Windows画面の下部に配置されており、そこからスタートボタンやよく使うアプリケーション、あるいはシステムトレイといった項目にアクセスできるようになっている。一方、OS Xの「Dock」はカスタマイズ可能なメニューを提供するものであり、そこからよく使うアプリケーションやフォルダのほか、「システム環境設定」や、「Launchpad」というアプリケーション起動コンソール、「ゴミ箱」、「Finder」というファイルシステム表示ウィンドウにアクセスできるようになっている。

 Windowsのタスクバー設定を変更し、画面の左端や右端に表示させていたユーザーがいるのであれば、「システム環境設定」の「Dock」にある「画面上の位置」でDockの画面表示位置を変更できるという知識を伝えておいてほしい。また、タスクバーを自動的に隠すように設定を変更しているユーザーにも、そういった変更が「Dock」の設定から可能であると教えておいてほしい。これにはシステム環境設定をオープンし、「Dock」を選択し、「Dockを自動的に隠す/表示」を設定する。この他にもシステム環境設定のウィンドウからは、Dockの大きさ(「サイズ」)、マウスポインタでアイコンをポイントした際の拡大表示(「拡大」)、ウィンドウを最小化する際のアニメーション(「ウインドウをしまうときのエフェクト」)といったDockの特性を変更することができる。

-PR-企画特集