オラクル、「Java APIを著作権の対象と認めず」判決を不服とし上訴へ--対グーグル訴訟

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月05日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Java関連の特許および著作権をめぐってGoogleと長きにわたって争っているOracleは米国時間10月4日、先の判決を不服として上訴することを明らかにした。

 データベース界の巨人であるOracleは、米カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に対して「上訴通知書」を提出し、OracleのJava APIが著作権の保護対象とならないというWilliam Alsup判事の判決を控訴審で見直すよう求めた。

 Oracleは、GoogleのモバイルOSである「Android」で使用されている37件のJava APIの使用に関連して、Googleを著作権侵害で訴えていた。Googleは、プログラミング言語Javaが自由に使用できる以上、この言語を使用するうえで必要となるAPIも自由に使用できると主張していた。Oracleは、GoogleがSun Microsystemsからライセンスを取得することなしに、意図的に該当APIを使用したと主張している。なお、Sun Microsystemsは2010年にOracleによって買収されている。

 2012年5月、陪審員らはGoogleがJavaという言語の全体的な構造、手順、組織(SSO)を侵害したという点については評決を下したものの、フェアユース(公正な使用)という問題については意見を表明しなかった。しかし、Alsup判事はその後、APIは著作権の保護対象にならないという裁定を下し、Oracleの著作権侵害の申し立てを棄却していた。

 なお、陪審員らは、Oracleの保持しているJava特許2件について、Googleによる著作権侵害はないとの判断を下していた。

 米CNETはOracleとGoogleに対してコメントを求めたものの、本記事執筆時点では回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加