logo

FAQ:「Java」をめぐるオラクル対グーグルの戦い--そのテクノロジを振り返る - (page 2)

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2012年04月25日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--単純なことのように聞こえるが。

 その考えは改めた方がいい。すぐにJavaの複雑さが分かるだろう。

 Javaは、さまざまな用途向けにさまざまな種類が存在する。初期の「Java Standard Edition」はパーソナルコンピュータ向けだった。それに加えて、データベース管理などのサーバタスク向けAPIを定義した「Enterprise Edition」、携帯電話でのテキストメッセージ送信などのモバイルタスク向けAPIを定義した「Micro Edition」が登場した。

 複雑さはさらに増す。Micro Editionには、「Connected Limited Device Configuration」や「Personal Profile Specification」「Mobile Information Device Profile」「Mobile Information Device Profile 2.0」など、さまざまな種類があった。

 結局のところ、プログラマーは特定のデバイスがどのAPIをサポートするのかを必ずしも予測できるわけではない。ある携帯電話はJava経由での2Dグラフィックスアクセラレーションをサポートするのだろうか。3Dグラフィックスはどうなのか。もしゲームを記述しているなら、これらの情報は重要だ。このような一貫性の欠如のために、キャッチフレーズを揶揄して「Write once, test everywhere(一度書いてどこでもテストする)」と言われることもあった。

 最後の苦悩は「JavaFX」という形で現れた。JavaFXは、あらかじめパッケージされたOracleのソフトウェア基盤を使用することで、こうした混乱を一掃しようとした。しかし、JavaFXが登場しようとしていたころ、別の勢力がモバイルプログラマーの関心を引きつけた。AppleのiOSだ。

--Androidはこれにどう関連してくるのか。

 携帯電話向けのJavaにはさまざまな欠点があるものの、SunおよびJavaと同盟関係にあったMotorolaなどの企業は、市場に適したテクノロジの構築に精力的に取り組んだ。また、そのクロスプラットフォームという利点は、広範にわたる新たなモバイルエコシステムを構築したいと考える人々にとって魅力的だった。

 そのため、Googleとその同盟企業がAndroidのプログラミング基盤を探っていたとき、さまざまなデバイスが対象になる可能性のあるAndroidのスタート地点として、Javaが選択肢に挙がったのは自然な成り行きだった。実際に2005年には、いくつかの理由から、そのような計画になった。

 Javaは、テクノロジ自体に加えて、プログラマーも大勢いた。つまり、Androidを対象とするプログラマーはゼロから始める必要がない。また、Javaを支持することは、Googleが同社モバイルOSの当初のライバルと想定していたMicrosoftに対する脅威にもなる。

 しかし、Javaには付帯条件があった。

良き時代。SunとGoogleは2005年、Javaに関して提携した。当時にSunのプレジデントであったJonathan Schwartz氏、CEOであったScott McNealy氏(中央)、GoogleのCEOであったEric Schmidt氏。大々的に発表された提携は、最終的にはその勢いを失っていった。
良き時代。SunとGoogleは2005年、Javaに関して提携した。当時にSunのプレジデントであったJonathan Schwartz氏、CEOであったScott McNealy氏(中央)、GoogleのCEOであったEric Schmidt氏。大々的に発表された提携は、最終的にはその勢いを失っていった。
提供:Stephen Shankland/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]