フォトレポート:マイクロソフトとアップルの協力関係--最高の瞬間10選 - 2/11

文:Jason Hiner(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子2010年11月09日 07時30分
10.Microsoftが「Office for Mac 2011」で「Outlook for Mac」をローンチする。

 Microsoftは2010年10月26日、「Office for Mac 2011」をリリースした。生産性スイートとして世界市場で優位を誇るMicrosoft OfficeのMac OS X版はここ数年、Windows版とは大きく乖離していたものの、今回のリリースで最新のWindows版に向けて大きく舵を切ったと言える。しかしOffice 2011のMac版における最も重要な変更は、電子メールやExchange Serverとの同期を行うために提供されていたEntourageというソフトウェア(バグが多いソフトウェアだった)に代わってMicrosoft Outlookが復活したことである。これにより、最新のMacはビジネスの世界でより高い機能性を実現できるようになるわけだ。
Scroll Right Scroll Left

10.Microsoftが「Office for Mac 2011」で「Outlook for Mac」をローンチする。

 Microsoftは2010年10月26日、「Office for Mac 2011」をリリースした。生産性スイートとして世界市場で優位を誇るMicrosoft OfficeのMac OS X版はここ数年、Windows版とは大きく乖離していたものの、今回のリリースで最新のWindows版に向けて大きく舵を切ったと言える。しかしOffice 2011のMac版における最も重要な変更は、電子メールやExchange Serverとの同期を行うために提供されていたEntourageというソフトウェア(バグが多いソフトウェアだった)に代わってMicrosoft Outlookが復活したことである。これにより、最新のMacはビジネスの世界でより高い機能性を実現できるようになるわけだ。

提供:Microsoft

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]