フォトレポート:ウォルト・ディズニー記念館--偉大なアニメーターの作品とその生涯 - 29/39

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年10月29日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これは「魔法使いの弟子」のコンセプトアートだ。「最初から例外的な作品になることが決まっていた『魔法使いの弟子』は、元々はミッキーマウスの特別な短編として計画されていた。Disney Studiosの最も優秀なアニメーターたちを投入し、Stokowski氏が指揮するオーケストラ音楽をフィーチャーしたもので、ミッキーのこれまでのキャリアにおける総決算のような作品だ。最終的にこの野心的な計画は、より野心的な『ファンタジア』につながった。『魔法使いの弟子』は新たに再デザインされたミッキーマウスを劇場の観衆に発表するという役割も担っていたが、『ファンタジア』が完成し、公開されたころには、既にいくつかの短編に『新しい』ミッキーが登場していた」(同記念館)

 これは「魔法使いの弟子」のコンセプトアートだ。「最初から例外的な作品になることが決まっていた『魔法使いの弟子』は、元々はミッキーマウスの特別な短編として計画されていた。Disney Studiosの最も優秀なアニメーターたちを投入し、Stokowski氏が指揮するオーケストラ音楽をフィーチャーしたもので、ミッキーのこれまでのキャリアにおける総決算のような作品だ。最終的にこの野心的な計画は、より野心的な『ファンタジア』につながった。『魔法使いの弟子』は新たに再デザインされたミッキーマウスを劇場の観衆に発表するという役割も担っていたが、『ファンタジア』が完成し、公開されたころには、既にいくつかの短編に『新しい』ミッキーが登場していた」(同記念館)

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]