logo

ノキアの反撃--生き残りをかけた「iOS」「Android」への挑戦 - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月17日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たなスマートフォン

 AndroidとiOSの洗練されたユーザーインターフェース、高度なインターネット接続機能、活発な開発者コミュニティーに対抗するNokiaの取り組みには、ハードウェアとソフトウェアの両方が関わってくる。

 その目標を達成するため、NokiaはSymbian OSを採用した現行の主力スマートフォン「N8」に続く新世代のスマートフォンを3機種発表した。より小型の「C6」、より薄型で高価な「C7」、そして大型で企業向けの「E7」の3機種だ。

 C6はこの中で最も小さく、新しい「ClearBlack Display」を搭載している。Vanjoki氏によると、このディスプレイはこれまでよりも深い黒色を表現できるという。

 Nokiaの新しいSymbian搭載ラインアップは3製品。左から、新製品のC6およびC7、既に発表済みのフラッグシップ機N8、そして、新製品のE7。 Nokiaの新しいSymbian搭載ラインアップは3製品。左から、新製品のC6およびC7、既に発表済みのフラッグシップ機N8、そして、新製品のE7。
提供:Stephen Shankland/CNET

 ワンランク上のC7は、より大きなスクリーンとより薄型のボディを採用している。Vanjoki氏は「C7は世界で最もクールで、洗練されたデバイスだ。そのことに疑いの余地はない」と語る。

 最後に紹介するE7は、スリムなデザインにあまりこだわらずに、より多くの機能を提供するデバイスという意味で、「Nokia 9000 Communicator」の王位を継承する機種だ。

 「E7は大きい。われわれのように移動の多いビジネスマンにとって、本物のキーボードに勝るものはない。正に動くオフィスだ」(Vanjoki氏)

ソフトウェアへの取り組みを強化

 携帯電話は便利である。しかし、iOSとAndroidがもたらした最も大きな混乱の1つは、OS以外のソフトウェアだ。膨大な数のゲームや生産性ツールが用意されており、ユーザーはそれらを使って携帯電話を簡単にカスタマイズできる。Nokiaは携帯電話のアプリケーションの大半が本体に予めインストールされていた時代から携帯電話市場で優位に立ってきたが、今は時代の流れについていこうと必死になっている。

 Symbian搭載携帯電話は、現在1億7500万台がユーザーの手元にあり、毎日26万台が販売されているため、市場を見つけようとしているプログラマーにとって、非常に魅力的な存在かもしれない。Nokiaは優れた開発者ツールや開発コストの安さ、Ovi Storeの改善によって、そうしたプログラマーの気を引こうとしている、とNokiaのForum Nokiaおよび開発者コミュニティー担当バイスプレジデントであるPurnima Kochikar氏は述べた。

 Nokiaはソフトウェア面について、開発者を対象とする変更を発表し、ローエンドの「Series 40」や「Series 60」のモデルなど、さまざまなNokia製携帯電話向けのソフトウェアをより簡単に記述できるようにした。

 Forum Nokiaおよび開発者コミュニティー担当バイスプレジデントであるPurnima Kochikar氏 Forum Nokiaおよび開発者コミュニティー担当バイスプレジデントであるPurnima Kochikar氏
提供:Stephen Shankland/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]