logo

フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より - 17/21

文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008年12月04日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NASAのSpitzer宇宙望遠鏡のこの壮大な着色像には、星が誕生する「山脈」が写っている。Spitzerの科学者によって「Mountains of Creation」(創造の山脈)と称されたこれらの温度の低いガスとちりのそびえ立つ柱の先端は、高温の誕生初期の星からの明かりで照らされている。

 この新しい赤外線画像は、ハッブルの象徴的なワシ星雲(はめ込み画像)の可視画像を思い起こさせる。ワシ星雲にも、高温の巨大な星からの放出、風によって柱が形成されつつある、星が形成される領域、すなわち星雲がある。Spitzerの画像の柱は、カシオペア座に位置する、7000光年離れた「W5」と呼ばれる領域の一部で、端から端までの距離が50光年ある。これらは、この画像で示されている通り、ワシ星雲の柱の10倍以上ある。

 NASAのSpitzer宇宙望遠鏡のこの壮大な着色像には、星が誕生する「山脈」が写っている。Spitzerの科学者によって「Mountains of Creation」(創造の山脈)と称されたこれらの温度の低いガスとちりのそびえ立つ柱の先端は、高温の誕生初期の星からの明かりで照らされている。

 この新しい赤外線画像は、ハッブルの象徴的なワシ星雲(はめ込み画像)の可視画像を思い起こさせる。ワシ星雲にも、高温の巨大な星からの放出、風によって柱が形成されつつある、星が形成される領域、すなわち星雲がある。Spitzerの画像の柱は、カシオペア座に位置する、7000光年離れた「W5」と呼ばれる領域の一部で、端から端までの距離が50光年ある。これらは、この画像で示されている通り、ワシ星雲の柱の10倍以上ある。

提供:NASA/JPL-Caltech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]