logo

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」を刷新--リーチ数も算出可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビルコムは2月8日、企業の広報部・宣伝部向けに展開しているクラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」を全面リニューアルすると発表した。

 PR Analyzerは、テレビ140局(133テレビ局+BSデジタル放送7局)、新聞1018媒体、雑誌3960媒体、ウェブメディア約3000サイトに加え、ウェブ記事のSNS波及(Facebookのシェア数・いいね!数)を網羅したクラウド型PR効果測定ツール。

 1969年に発刊した月刊メディア・データに基づく媒体データや、テレビ番組やテレビCMの調査・分析・配信を行っているエム・データのTVメタデータ、ビデオリサーチのテレビ視聴データに加え、同社独自のロジックを組み合わせることで、記事・番組ごとのリーチ数を自動算出できることが特徴だ。


PR効果測定ツール「PR Analyzer」

 新機能として、PR効果測定指標「掲載件数」や「広告換算費」だけでなく、新指標の「リーチ数」算出機能を実装。月刊メディア・データやビデオリサーチの媒体データと同社の独自ロジックを元に記事・番組ごとのリーチ数を算出するという。リーチ数を採用することで、広告との対比、記事・番組ごとの効果測定、ウェブサイト解析データとの相関分析を実現できると説明する。

 また、自社と競合企業のブランド名を最大10件まで設定することで、競合露出状況の確認、自社との比較・分析が可能となった。6つの重要指標を偏差値で相対比較することで、自社の強みや弱みを把握できるようになるという。さらに、人工知能によるノイズ記事の自動判定・除去機能を実装し、これまで手作業で記事確認・ノイズ除去に要していた一連の業務工数を削減可能となった。

 同ツールは、2017年1月に販売を開始。この1年間で、アスクル、ヤマハ、リクルートマーケティングパートナーズ、DMM.com、ウエディングパーク、大塚食品など50社以上に導入されているという。2018年度には、導入社数100社を目指すとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]