logo

2018年は目指せ快眠!--安眠のためのヒントとおすすめ睡眠ガジェット

Alina Bradford (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年01月25日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 寝室にテクノロジを持ち込むのは一長一短だ。神経学、てんかん医学、睡眠医学の3つの専門医の資格を持つJerald H. Simmons氏はそう警告する。寝る直前までスマートフォンなどのデバイスを使ったり、テレビを見たりしていると、不眠の原因になることがある。睡眠時間が短くなり、睡眠サイクルも乱れるという。一方、落ち着いた環境を作り出し、眠りの質を改善してくれる技術もある。

 本記事では、2018年、ぐっすり眠るためにやめたい習慣、寝室に導入したいアイテムなどを紹介する。
Scroll Right Scroll Left

 寝室にテクノロジを持ち込むのは一長一短だ。神経学、てんかん医学、睡眠医学の3つの専門医の資格を持つJerald H. Simmons氏はそう警告する。寝る直前までスマートフォンなどのデバイスを使ったり、テレビを見たりしていると、不眠の原因になることがある。睡眠時間が短くなり、睡眠サイクルも乱れるという。一方、落ち着いた環境を作り出し、眠りの質を改善してくれる技術もある。

 本記事では、2018年、ぐっすり眠るためにやめたい習慣、寝室に導入したいアイテムなどを紹介する。

提供:Alina Bradford

-PR-企画特集