logo

離島用“ダッシュボタン”も実験中--写真で見る「第3回 国際ドローン展」 - 7/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ACSLのブースでは、人が立ち入れない水道管の検査を専門に行う「Waterpipe drone」のプロトタイプモデルも展示されていた。サイズは両手で持てるぐらいのコンパクトさで、正面に搭載したLEDライトやセンサを使って、暗い中でも安定した飛行で作業ができるという。
Scroll Right Scroll Left

 ACSLのブースでは、人が立ち入れない水道管の検査を専門に行う「Waterpipe drone」のプロトタイプモデルも展示されていた。サイズは両手で持てるぐらいのコンパクトさで、正面に搭載したLEDライトやセンサを使って、暗い中でも安定した飛行で作業ができるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]