logo

離島用“ダッシュボタン”も実験中--写真で見る「第3回 国際ドローン展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ドローンの格納から離着陸、太陽光パネルを使ったバッテリの給電まで、全自動で24時間無人でドローンを運用できる「DRONEBOX」は、ブイキューブロボティクス・ジャパンよりまもなく発売開始予定。工場や農場、ソーラーファームなど、限られた敷地内の定時監視などへの利用が想定されている。

ブイキューブロボティクス、ドローンの全自動運行を実現する「DRONEBOX」の国内独占販売を開始
Scroll Right Scroll Left

 ドローンの格納から離着陸、太陽光パネルを使ったバッテリの給電まで、全自動で24時間無人でドローンを運用できる「DRONEBOX」は、ブイキューブロボティクス・ジャパンよりまもなく発売開始予定。工場や農場、ソーラーファームなど、限られた敷地内の定時監視などへの利用が想定されている。

ブイキューブロボティクス、ドローンの全自動運行を実現する「DRONEBOX」の国内独占販売を開始

 国内最大規模となるドローンの専門展示会「第3回 国際ドローン展」を含む、3つの展示会が4月19日から4月21日まで幕張メッセで開催された。

 世界でも需要が伸び続けているドローンだが、メインだった空中撮影から災害支援や農業、公共構造物の検査へと用途が広がり、宅配ビジネスへの応用も始まっている。会場では各用途にあわせて開発された専用ドローンや、それらを運用するサービスや実用例が紹介されていた。

 最先端のメカトロニクスおよびエレクトロニクスをテーマとする「TECHNO-FRONTIER 2017」は、ロボティクス技術を中心とした展示になっており、2回目の開催となる「第2回 駅と空港の設備機器展」では、東京オリンピックを意識した公共スペースでのサイネージやセキュリティシステムなどを展示。3つのイベントで計472社が929ブースを出展し、3万を超える来場者が訪れた。

-PR-企画特集