logo

低迷続くタブレット市場、首位アップルの出荷も6%減--IDC調査

Terry Collins (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2016年11月01日 11時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タブレットの需要は引き続き下降線をたどっている。

 調査会社IDCの米国時間10月31日の発表によると、「iPad」が市場シェアの4分の1近くを占めるものの、Appleのタブレット出荷台数は2016年第3四半期に6%超減少したという。同社の第3四半期の出荷台数は930万台、対する前年同期は990万台だった。


 ライバルのサムスンも、第3四半期のタブレット出荷台数が前年同期の810万台から650万台へと19%減少したとIDCは述べている。IDCは落ち込みの原因として、タッチスクリーンやペンを使用するスレート型タブレットの市場が低迷しており、サムスンがこの市場に大きく依存している点を挙げている。

 一方、より低価格な着脱式コンピュータの出荷台数は、「RCAなどのメーカーが市場に殺到するのに伴い過去最高」に達しているという。着脱式タブレットは、取り外し可能なキーボードやマウスに対応している。

 ただし、価格が200ドルを下回る着脱式タブレットは人気を集めてはいるものの、品質が低い傾向にあるとIDCは指摘している。

 IDCによると世界全体のタブレット出荷台数は、前年同期の5050万台に対し、2016年第3四半期は約4300万台だった。IDCの前回の予測によると、2016年通年のタブレット出荷台数は前年比で9.6%落ち込む見通しで、この減少率は前年比10%減を記録した2015年に匹敵する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集