ヤフー、5つの質問から広告文を自動作成する出稿支援ツール「らくアド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは7月6日、「Yahoo!プロモーション広告」の入稿支援ツール「かんたん広告作成」をリニューアルし、新たに「らくアド」の提供を開始したと発表した。

 らくアドは、「Yahoo!プロモーション広告」に同社の検索連動型広告「スポンサードサーチ」を申し込む広告主が対象。広告管理ツールの操作方法や広告運用のノウハウがなくても、5つの質問と簡単な設定のみで広告文を自動で作成し、検索連動型広告「スポンサードサーチ」の配信が可能となる。

 「らくアド」に申し込んだ広告主は、「ウェブページのURL」「業種(約3000種から選択)」「地域」「月額予算」「電話番号(任意)」を登録するのみで、広告の設定が完了する。中小企業の広告主の課題である、広告運用と管理の負担を軽減し、インターネット広告の導入障壁を解消するとしている。

「らくアド」のはじめかた
「らくアド」のはじめかた

 らくアドは、運用型広告自動化サービス「AdMax Local」を採用。これまで提供していたかんたん広告作成では、サポート範囲が初回の広告作成・入稿までであり、初回入稿以降は広告主が自身で運用する必要があり、運用方法の習得が課題だったという。

 広告運用の難しさから導入を諦めていた企業や、人手不足でなかなか広告出稿に踏み切れなかった企業も、簡単にスポンサードサーチを運用できるようになる。また、初めて出稿する広告主であっても、広告の自動運用で効率的にプロモーションが行えるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加