logo

大日本印刷、スマホやカーナビなどに特化した広告配信システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷は4月15日、スマートフォン、カーナビ、デジタルサイネージ向け広告の配信管理をするシステムを開発したと発表した。

 同システムは、スマートフォン、カーナビ、デジタルサイネージなどへコンテンツや広告枠を提供する媒体社に向けたもの。クラウド環境で広告配信を効率的に管理でき、「広告枠の検索・予約」「広告素材のオンライン入稿」「広告掲載実績の閲覧・確認」が可能。

 スマートフォン、カーナビ、デジタルサイネージなどの広告枠を、期間、エリア、価格、条件(競合排除など)、配信先端末などから検索可能。広告主や広告代理店は、希望する広告枠を個別に指定できるほか、予算や条件に応じたプランを自動で作成可能だ。また、広告素材のオンライン入稿に対応。ディスクなどの記録媒体を用いずに、広告に必要なデータを管理画面から入稿できる。

 広告の配信実績データをダウンロード可能。データは、広告主や広告代理店ごとに分割集計して提供され、放送確認書や配信レポートなどの形式での閲覧・印刷が可能。広告配信の管理業務を効率化できるとともに、特定のエリアに限定するなど、より効果的に広告を配信できる。

また、媒体社が同システムを導入することで、広告主との広告枠の取引や広告内容の確認、配信実績の提供などをオンライン上で取り扱うことができる。運用負荷や人件費などの軽減が図れるとしている。

利用フロー
利用フロー
画面イメージ
画面イメージ

 同システムは、アマネク・テレマティクスデザインがコンテンツプロバイダーとして運営する「i-dio」(V-Lowマルチメディア放送)による日本初のモビリティ向け専用チャンネル「Amanekチャンネル」に採用され、4月中旬より運用を開始する。

 DNPでは、同社オリジナルのコンテンツ配信・表示システム「Smart Signage(スマートサイネージ)」と、今回の配信管理システムの連携を予定している。また、同システムを今後i-dioのコンテンツプロバイダー各社に拡販するとともに、広告代理店事業やセールスプロモーション用商材の強化を推進するとしている。

 大日本印刷では、同システムと関連事業を含めて、2020年度までに累計で30億円の売上を目指している。

-PR-企画特集