東日本の10代は「Vine」、西日本の10代は「MixChannel」を利用--ジャストシステム調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは12月2日、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用し「10代限定! SNS利用実態調査」を実施した。調査期間は、2015年11月17~23日。調査対象は、15~19歳までの男女551人。

 それによると、15~19歳のスマートフォンユーザーが現在利用しているSNSは、「LINE」が93.8%と最も多く、次いで「Twitter」が74.9%、「Facebook」が37.5%、「Instagram」が34.0%、「Vine」が12.2%、「MixChannel」が11.1%と続いた。

 動画系SNSについて、東日本では「Vine」を使う人が多く(東日本の利用率:12.9%、西日本:10.8%)、西日本は「MixChannel」を利用する人が多い(東日本:9.2%、西日本:14.6%)傾向だった。特に女性の「MixChannel」利用状況は、東西差が顕著であり、西日本は25.3%に対し、東日本は15.0%だった。


「10代限定! SNS利用実態調査」(地域別)

 なお、「MixChannel」を利用する割合は、中学1年生が16.7%、中学2年生が11.8%、中学3年生が30.0%、高校1年生が15.2%、高校2年生が15.5%で、高校3年生になると6.3%に減少している。また、大学生・短大生は6.9%、社会人は7.7%であることから、受験や就職活動などが本格化する高校3年生が、「MixChannel」を止めるターニングポイントといえる。

 西日本で「MixChannel」を利用する10代女性のうち、週に1回以上「LIKEやコメントを残す」人は28.0%、「ファン申請をする」人は16.0%、「LINEやTwitterなどに拡散する」人は12.0%だった。東日本の10代女性と比べると、西日本の10代女性は動画でのコミュニケーションを積極的に楽しんでいることがわかった。

 さらに、「MixChannel」に動画を投稿したことがない10代女性に対して、投稿しない理由を聞いたところ、最も多かったのは「動画を作るのが面倒だから」(東日本:29.2%、西日本:35.0%)だった。東日本の10代女性は「動画を作るのが難しそうだから」(20.8%)だったのに対し、西日本では「見てくれる人が少ないと、さみしいから」(30.0%)という結果だった。

 10代の「MixChannel」ユーザーのうち、45.8%が「ファッション」、40.7%が「ヘアメイク」に興味を持つことがわかった。なかでも「ヘアメイク」は、「LINE」(15.4%)や「Twitter」(17.3%)、「Instagram」(24.9%)など他のSNS利用者と比べても、非常に高い割合となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加