logo

2015年の新種トップ10--異彩を放つ興味深い生物を写真で見る - 8/10

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年05月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ありふれた風景の中に隠れる

学名:Phryganistria tamdaoensis

 このナナフシは非常に大きいが、これまでに発見された中で最も長いというわけではない。その称号を持つのは、英国の自然史博物館にある標本で、体長は56.7cmだ。

 それと比べると、Phryganistria tamdaoensisは体長22.8cmとかなり短いが、巨大なナナフシに分類できるだけのサイズではある。

 Phryganistria tamdaoensisの非常に珍しい点は、サイズではない。本当に不思議なのは、自然の生息地であるベトナムのタムダオ(昆虫学者がよく訪れる)では非常によく知られているにもかかわらず、正式には2014年まで誰にも発見されなかったということだ。
Scroll Right Scroll Left

ありふれた風景の中に隠れる

学名:Phryganistria tamdaoensis

 このナナフシは非常に大きいが、これまでに発見された中で最も長いというわけではない。その称号を持つのは、英国の自然史博物館にある標本で、体長は56.7cmだ。

 それと比べると、Phryganistria tamdaoensisは体長22.8cmとかなり短いが、巨大なナナフシに分類できるだけのサイズではある。

 Phryganistria tamdaoensisの非常に珍しい点は、サイズではない。本当に不思議なのは、自然の生息地であるベトナムのタムダオ(昆虫学者がよく訪れる)では非常によく知られているにもかかわらず、正式には2014年まで誰にも発見されなかったということだ。

提供: Jonathan Brecko

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]