logo

2015年の新種トップ10--異彩を放つ興味深い生物を写真で見る - 6/10

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年05月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恐怖のハチの巣

学名:Deuteragenia ossarium

 中国に生息するこのハチ(「ボーン・ハウス・ワスプ」としても知られる)は、特徴的な方法で幼虫の巣を作る。中が空洞になっている木の幹を見つけて、それぞれの部屋に1つの卵を入れ、それぞれの巣室にクモの死骸を追加する。ふ化した幼虫のエサにするためだ。最後の部屋には、卵は1つもなく、アリの死骸が積み上げられる。

 研究者の間では、これらのアリが発するにおいを利用して、においを頼りに獲物を探す捕食者から卵を隠しているのではないか、と考えられている。同様の巣を作るがアリの死骸は置かないハチと比較すると、この仮説は説得力があるように思える。

 画像の下部を見れば、このハチの巣がどのようなものか分かるだろう。
Scroll Right Scroll Left

恐怖のハチの巣

学名:Deuteragenia ossarium

 中国に生息するこのハチ(「ボーン・ハウス・ワスプ」としても知られる)は、特徴的な方法で幼虫の巣を作る。中が空洞になっている木の幹を見つけて、それぞれの部屋に1つの卵を入れ、それぞれの巣室にクモの死骸を追加する。ふ化した幼虫のエサにするためだ。最後の部屋には、卵は1つもなく、アリの死骸が積み上げられる。

 研究者の間では、これらのアリが発するにおいを利用して、においを頼りに獲物を探す捕食者から卵を隠しているのではないか、と考えられている。同様の巣を作るがアリの死骸は置かないハチと比較すると、この仮説は説得力があるように思える。

 画像の下部を見れば、このハチの巣がどのようなものか分かるだろう。

提供: Merten Ehmig

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]