logo

2015年の新種トップ10--異彩を放つ興味深い生物を写真で見る - 7/10

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年05月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オタマジャクシとして産まれてくるカエル

学名:Limnonectes larvaepartus

 ほとんどのカエルやヒキガエルは卵を産む。卵はゼリーのような保護膜で包まれており、その中でオタマジャクシが成長する。メスが卵を産み、オスがその卵に受精させる。

 インドネシアに生息する牙を持つカエルの一種Limnonectes larvaepartusに、それは当てはまらない。これらのカエルは水たまりに生きたオタマジャクシを産む。受精は体内で行われる。カエルは6455種が知られているが、体内で受精するのはそのうち約10種で、Limnonectes larvaepartusもそれに含まれる。オタマジャクシを産むのはLimnonectes larvaepartusだけで、それ以外は受精卵、または小さなカエルを産む。

 上の写真は、左がオス、右がメスだ。
Scroll Right Scroll Left

オタマジャクシとして産まれてくるカエル

学名:Limnonectes larvaepartus

 ほとんどのカエルやヒキガエルは卵を産む。卵はゼリーのような保護膜で包まれており、その中でオタマジャクシが成長する。メスが卵を産み、オスがその卵に受精させる。

 インドネシアに生息する牙を持つカエルの一種Limnonectes larvaepartusに、それは当てはまらない。これらのカエルは水たまりに生きたオタマジャクシを産む。受精は体内で行われる。カエルは6455種が知られているが、体内で受精するのはそのうち約10種で、Limnonectes larvaepartusもそれに含まれる。オタマジャクシを産むのはLimnonectes larvaepartusだけで、それ以外は受精卵、または小さなカエルを産む。

 上の写真は、左がオス、右がメスだ。

提供: Jimmy A. McGuire

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]