logo

2015年の新種トップ10--異彩を放つ興味深い生物を写真で見る - 3/10

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年05月29日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地獄から来たニワトリ

学名:Anzu wyliei

 米CNETでは「Hellchook」(地獄のニワトリ)の愛称で親しまれるこの卵泥棒の発見は、カエナグナシダエの研究における素晴らしい出来事だった。カエナグナシダエはオヴィラプトロサウルス(卵を食べる恐竜としても知られる)の一種である。

 これらの6600万年前の骨格の一部がノースダコタ州とサウスダコタ州で発見されるまで、Anzu wylieiについて詳しいことはほとんど分かっていなかった。それまでに発見された化石は小片や破片がほとんどで、多くの情報を得ることができなかったからだ。

 今回の発見により、Hellchook(Anzu wyliei)は鼻から尾の先端までの長さが3.5m、体重が約225kgだったことが分かった。身体は羽毛で覆われており、頭の骨は隆起していた。かぎ爪は非常に鋭利だった。
Scroll Right Scroll Left

地獄から来たニワトリ

学名:Anzu wyliei

 米CNETでは「Hellchook」(地獄のニワトリ)の愛称で親しまれるこの卵泥棒の発見は、カエナグナシダエの研究における素晴らしい出来事だった。カエナグナシダエはオヴィラプトロサウルス(卵を食べる恐竜としても知られる)の一種である。

 これらの6600万年前の骨格の一部がノースダコタ州とサウスダコタ州で発見されるまで、Anzu wylieiについて詳しいことはほとんど分かっていなかった。それまでに発見された化石は小片や破片がほとんどで、多くの情報を得ることができなかったからだ。

 今回の発見により、Hellchook(Anzu wyliei)は鼻から尾の先端までの長さが3.5m、体重が約225kgだったことが分かった。身体は羽毛で覆われており、頭の骨は隆起していた。かぎ爪は非常に鋭利だった。

提供: Mark A. Klingler, Carnegie Museum of Natural History

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]