logo

彗星着陸から有人火星探査への展望まで--宇宙探査にまつわる2014年の出来事 - 8/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年01月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙飛行はまだ難しい

 2014年という年も、宇宙や地球に近い宇宙空間での探査における重大事故と無縁ではなかった。10月には、Virgin Galacticの「SpaceShipTwo」が墜落し、パイロット1人が死亡している。

 この事故は、国際宇宙ステーション(ISS)への貨物を運ぶ無人ロケット「Antares」が打上げ直後に爆発してから、数日後の出来事だった。また8月には、SpaceXのロケットがテキサス州での試験飛行中に爆発している。

 科学が驚くべき偉業を簡単に達成してしまうように見える時代にあって、この3件の事故は、「宇宙は困難な場所だ」という古くからある言葉を思い出させる出来事だった。
Scroll Right Scroll Left

宇宙飛行はまだ難しい

 2014年という年も、宇宙や地球に近い宇宙空間での探査における重大事故と無縁ではなかった。10月には、Virgin Galacticの「SpaceShipTwo」が墜落し、パイロット1人が死亡している。

 この事故は、国際宇宙ステーション(ISS)への貨物を運ぶ無人ロケット「Antares」が打上げ直後に爆発してから、数日後の出来事だった。また8月には、SpaceXのロケットがテキサス州での試験飛行中に爆発している。

 科学が驚くべき偉業を簡単に達成してしまうように見える時代にあって、この3件の事故は、「宇宙は困難な場所だ」という古くからある言葉を思い出させる出来事だった。

提供: Video screenshot by Eric Mack/CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]