logo

彗星着陸から有人火星探査への展望まで--宇宙探査にまつわる2014年の出来事 - 11/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年01月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市民の人工衛星

 NASAは、軌道上の退役した人工衛星をどのように扱っているのだろうか。

 2014年には、そうした人工衛星が、かつてMcDonald'sだった建物にある指令センターから管制したいという市民グループに引き渡されている。

 引き渡されたのは、1999年以降休止状態にあった人工衛星「ISEE-3」だ。この衛星は現在、これまでで最も野心的な市民科学プロジェクトの1つになりつつある。このプロジェクトは、「A Spacecraft for All」(みんなのための宇宙船)という名称で知られている。
Scroll Right Scroll Left

市民の人工衛星

 NASAは、軌道上の退役した人工衛星をどのように扱っているのだろうか。

 2014年には、そうした人工衛星が、かつてMcDonald'sだった建物にある指令センターから管制したいという市民グループに引き渡されている。

 引き渡されたのは、1999年以降休止状態にあった人工衛星「ISEE-3」だ。この衛星は現在、これまでで最も野心的な市民科学プロジェクトの1つになりつつある。このプロジェクトは、「A Spacecraft for All」(みんなのための宇宙船)という名称で知られている。

提供: A Spacecraft For All screenshot by Chris Matyszczyk/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]