logo

彗星着陸から有人火星探査への展望まで--宇宙探査にまつわる2014年の出来事 - 14/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年01月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月への回帰

 火星も素晴らしいが、月でやるべきことがもっとあるのではないだろうか。

 「Lunar Mission One」は、そのように考えているチームの1つであり、月の南極で掘削調査を行う計画のために約100万ドルを調達した。

 一方、「Google Lunar XPRIZE」に参加しているチームは、地球にとって唯一の天然衛星を再び訪れることを目指して、取り組みを続けている。

関連記事:「Google Lunar XPRIZE」参加チームAstroboticの月面探査車--写真で見る
Scroll Right Scroll Left

月への回帰

 火星も素晴らしいが、月でやるべきことがもっとあるのではないだろうか。

 「Lunar Mission One」は、そのように考えているチームの1つであり、月の南極で掘削調査を行う計画のために約100万ドルを調達した。

 一方、「Google Lunar XPRIZE」に参加しているチームは、地球にとって唯一の天然衛星を再び訪れることを目指して、取り組みを続けている。

関連記事:「Google Lunar XPRIZE」参加チームAstroboticの月面探査車--写真で見る

提供: Lunar Mission One

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]