logo

彗星着陸から有人火星探査への展望まで--宇宙探査にまつわる2014年の出来事 - 13/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年01月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火星でさらに多くの発見

 「Curiosity」が火星の上を動き回り、ほかの探査機も火星を観測したことで、2014年には火星について多くの新事実が明らかになった。

 有機分子の存在が確認されたほか、この惑星上でかつて水がどのように形成されたかが分かった。さらに、火星に現在水が流れている証拠らしきものも発見された。

 そう言えば、火星のキノコを発見したと考えている男もいた。
Scroll Right Scroll Left

火星でさらに多くの発見

 「Curiosity」が火星の上を動き回り、ほかの探査機も火星を観測したことで、2014年には火星について多くの新事実が明らかになった。

 有機分子の存在が確認されたほか、この惑星上でかつて水がどのように形成されたかが分かった。さらに、火星に現在水が流れている証拠らしきものも発見された。

 そう言えば、火星のキノコを発見したと考えている男もいた。

提供: NASA

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]