logo

彗星着陸から有人火星探査への展望まで--宇宙探査にまつわる2014年の出来事 - 6/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年01月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Kepler」宇宙望遠鏡の運用は続く

 2013年の時点では、Kepler宇宙望遠鏡と、深宇宙の観測から太陽系外惑星を見つけ出すというKeplerのミッションは、部品が故障し始めたことで、終了する可能性があると考えられていた。

 2014年を通して、Keplerが既に収集したデータから、遠く離れた恒星を周回する太陽系外惑星が大量に見つかった。その中には、地球に似ている可能性があるものもあった。

 12月の時点で、Keplerは半分故障した状態での運用が続いているが、この宇宙望遠鏡の観測結果に基づいた新たな惑星の発見は続いている。
Scroll Right Scroll Left

「Kepler」宇宙望遠鏡の運用は続く

 2013年の時点では、Kepler宇宙望遠鏡と、深宇宙の観測から太陽系外惑星を見つけ出すというKeplerのミッションは、部品が故障し始めたことで、終了する可能性があると考えられていた。

 2014年を通して、Keplerが既に収集したデータから、遠く離れた恒星を周回する太陽系外惑星が大量に見つかった。その中には、地球に似ている可能性があるものもあった。

 12月の時点で、Keplerは半分故障した状態での運用が続いているが、この宇宙望遠鏡の観測結果に基づいた新たな惑星の発見は続いている。

提供: NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]