logo

彗星着陸から有人火星探査への展望まで--宇宙探査にまつわる2014年の出来事 - 9/14

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年01月10日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火星への有人飛行を目指して

 ローバーが火星についてのわれわれの理解の幅を広げつつある年に、遠く離れた隣の惑星への有人飛行を実現しようという気運が、引き続き高まってきている。

 NASAは、人間の火星到達を容易にするために、「コールドスリープ」方式を真剣に検討しており、2030年代の実用化を目指している。

 Elon Musk氏は、その半分の時間で人類を火星に到達させる計画について発言するようになった。またMars Oneは10年以内に火星に送り出す予定で宇宙飛行士を募集しているが、さまざまな問題が考えられ、地球への帰還は不可能だ。
Scroll Right Scroll Left

火星への有人飛行を目指して

 ローバーが火星についてのわれわれの理解の幅を広げつつある年に、遠く離れた隣の惑星への有人飛行を実現しようという気運が、引き続き高まってきている。

 NASAは、人間の火星到達を容易にするために、「コールドスリープ」方式を真剣に検討しており、2030年代の実用化を目指している。

 Elon Musk氏は、その半分の時間で人類を火星に到達させる計画について発言するようになった。またMars Oneは10年以内に火星に送り出す予定で宇宙飛行士を募集しているが、さまざまな問題が考えられ、地球への帰還は不可能だ。

提供: Mars One/Bryan Versteeg

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]