logo

グーグル「Nexus 6」レビュー(前編)--「Android 5.0 Lollipop」搭載の6インチスマートフォン - (page 3)

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年11月27日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラスチックの背面も、指紋が残りやすい。レビューしたのはミッドナイトブルーであるため、クラウドホワイトに比べると指紋が目立ちやすい可能性はあるが、とにかく、曇りを取るために頻繁にボディを拭く必要があった。さらに、プラスチックの背面カバーを磨こうとして圧迫すると、割れるような音が聞こえる。このことが原因でNexus 6を見限ることはないにしても、650ドルのデバイスにしては、あまり良い感じはしない。

ディスプレイ:大きさの理由

 もちろん、この大きなデバイスが持つ最大の利点は、その大型なディスプレイだ。色鮮やかで、非常にシャープであり、没入感が高いこの6インチ弱のディスプレイは、メディア視聴に適している。ウェブページやHD動画、グラフィックスが充実したゲームなどはすべてなめらかに表示され、ダイナミックな色と鮮明な細部を両立している。

 Nexus 6とGALAXY Note 4は、どちらもiPhone 6 Plusより解像度もピクセル密度も高く、特にGALAXY Note 4はこの3つの中で最大のピクセル密度を誇る。ただし、紙の上の数字では違いはあるものの、このレベルの解像度の違いは、人間の目では判別できない。拡大鏡を使って詳しく調べても、どのスクリーンも極めて鮮明ではっきりとして見え、違いは分からない。

ディスプレイ解像度比較
Google
Nexus 6
サムスン
GALAXY Note 4
Apple
iPhone 6 Plus
ディスプレイ5.96インチAMOLED
(2560×1440)
5.7インチSuper AMOLED
(2560×1440)
5.5インチLCD
(1920×1080)
ピクセル密度493ppi515ppi401ppi

 しかし、ほかにも気づいたことはあった。iPhoneのスクリーンはLCDであり、ほかの2つがAMOLEDディスプレイであるため、色温度には明らかな違いがある。GALAXY Note 4の緑、青、赤の色相はより飽和しており、リッチだった。iPhoneの白は、3つの中でもっとも白くて明るく、これは特に白がやや黄色がかっているNexus 6と並べて比較すると目立つ。黒がもっとも黒いのはGALAXY Note 4で、iPhone 6の黒は青みがかっており、Nexus 6はその中間だった。

 どれが良いかというのは概して個人的な好みの問題だろう。GALAXY Note 4はディスプレイの色調を調整できるが、それでもこのスクリーンは最も迫力があった。しかし、色があまりリアルでないように見えることもある(特に肌の色)。それとは対極的に、iPhoneの発色はやや落ち着いているが、実物に近かった。Nexus 6は、そのちょうど中間だ。色の本物らしさはGALAXY Note 4よりも上だが、鮮やかさでは劣る。同時に、iPhone 6 Plusよりも鮮やかではあるが、色の正確さは劣っている。ただし、どのデバイスを選んでも、魅力的で開放的な体験が得られることは保証できる。

提供:Josh Miller/CNET
1440pの解像度を持つこのディスプレイは、鮮明で明るい。
提供:Josh Miller/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]