140文字では足りない思いを伝える「Twitterカード」--写真や映像で訴求

藤井涼 (編集部)2014年07月08日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「140文字ではサイトや商品の魅力が伝えきれないし、膨大な数のツイートにすぐ埋もれてしまう」――Twitterユーザーなら、誰もが一度は感じたことがあるだろう。この悩みを解決するのが「Twitterカード」だ。自身のウェブサイトに数行のHTMLコードを入れるだけで、ツイート内に画像や動画を表示できる機能で、誰でも無料で利用できる。

 実は2年前から提供されている機能だが、2014年4月までサイトが日本語化されていなかったため、日本での認知度はそれほど高くないのだという。「2月から専門チームも立ち上げた。これまで以上に企業やサイト運営者の方に活用していただきたい」と、Twitter Japanの御代田亮平氏は語る。

 では、Twitterカードでは何ができるのか。現在、利用できるTwitterカードは以下の7種類だ。

目的に合わせた7種のカード

 【1】 Summary Card:タイトルやサムネイルなどを表示する標準のカード。


 【2】 Summary Card with Large Image:Summaryカードよりも画像を目立たせるカード。


 【3】 Photo Card:写真表示をメインにするカード。


 【4】 Gallery Card:複数の写真を表示するカード。


 【5】 App Card:アプリを紹介するカード。


 【6】 Player Card:動画や音声プレーヤーを表示するカード。


 【7】 Product Card:商品情報を表示しECサイトへ誘導できるカード。


 御代田氏によれば、最も利用されているのは「Summary Card」だが、動画を再生できる「Player Card」も人気だという。なお、自身のツイートをより目立つように表示させたり、フォロワーのアクションを促したりできる広告商品「リード・ジェネレーション・カード」や「ウェブ・サイト・カード」も提供している。7月2日に公開されたTwitterのタイムライン上で電子書籍が読める「Twitter ePubビューワー」も、このTwitterカードの仕組みを利用しているようだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加