「Pebble Steel」レビュー--アプリストアも登場、魅力を増したスマートウォッチ - (page 2)

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年02月10日 07時30分

 2014年の新製品であるPebble Steelは、「Gorilla Glass」で覆われたディスプレイと金属製のボディ(つや消しブラックとつや消しステンレススチールの2種類)を持ち、革のバンドとメタルのバンドが同梱されている。重さは先代よりも0.5オンス(約14g)重く、2オンス(約57g)をわずかに下回る。ボディは小さくなったが、やや厚く感じられるようになった。しかし、ディスプレイは同じだ。また、プロセッサやバックライトも変わっていない。しかし、先代のPebbleと同じで、このデバイスも5ATM(気圧)までの耐水機能がついている。つまり、シャワーやプールサイドで使っても大丈夫だということだ。若干新しくなった磁力式充電コネクタには3色のLEDが追加されており、新機能として充電の状況を表示してくれる。

提供:Scott Stein/CNET
2色のPebble Steelと、初代Pebble(右)。
提供:Scott Stein/CNET

 残りはソフトウェアだ。Pebbleアプリ、ファームウェア、公式Pebbleアプリストアが新しくなっており、アプリストアは「iPhone」またはAndroidで動作するコンパニオンアプリから利用できる。Pebbleアプリを使えば、Pebbleアプリストアを閲覧して新しい文字盤やツールをダウンロードすることができる。その後、これをBluetooth経由でスマートフォンからスマートウォッチに転送する。これらの新しいアプリは、Pebbleの組み込み機能(加速度計やジャイロスコープ)をサポートしたり、スマートフォンとのより深い双方向通信を提供するものが多い。

 ただし、このソフトウェアは、初代Pebbleでも動作する。つまり、Pebble Steelで本当に新しくなったのは、デザインだけだということだ。それでも、このデザインとソフトウェアの組み合わせが、この新型Pebbleの「新しさ」を作り出している。

 以下では、筆者が気に入った点を挙げていこう。

提供:Scott Stein/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

非常におしゃれな時計であること

 今度こそ、Pebbleはこれを実現した。筆者がPebble Steelを見せた人は、誰もこれがスマートウォッチであることに気づかなかったし、「いい時計だ」「このデザインは好きだな」などの褒め言葉を聞くことが多かった。これは大したことだと言っていい。

 筆者は、Steelの見た目が好きだ。これは、「Fossil」と、筆者が1年前に着けていたリストバンド付き「iPod nano」の中間くらいのデザインだと言えるだろう。あまり未来的には見えない。実際、スーツを着る際に着けたり、ウェディングに着けて行っても違和感はないだろう。あるいは、ゴルフに着けていってもいいかもしれない(筆者はゴルフはしないが)。

提供:Scott Stein/CNET
革のバンドを付けたPebble Steel。
提供:Scott Stein/CNET

 メタルバンドだと筆者の長い手首の産毛が挟まるのを除けば、Pebble Steelの着け心地は快適だ。これには革のバンドが同梱されており、こちらはサイズの調整もあまり必要ない(メタルバンド用の拡張部品も同梱されているが、通常の時計用のメタルバンドと同じで、正しいサイズに調整するには、いくつかのコマを外す必要がある)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]