logo

グーグルの「Nexus 5」レビュー(前編)--「Android 4.4 KitKat」搭載 - (page 5)

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年11月14日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者はこの機能を便利だと感じた。以前は、店舗を探すにはChrome、Google音声検索、マップ、Yelpなどで検索する必要があった。検索した数字をクリックすることで、直接ダイアラーから電話をかけられる場合が多かったが、コピーアンドペーストを使わなくてはならない場合もあった。これは、クリックやタップを数回減らすだけのことだが、この機能はデバイスをより統合された、シームレスなものに感じさせてくれる。

Hangoutsへの統合

 古いSMSとはもうさよならだ。GoogleはSMSを「Hangouts」に組み込んだ。これで、SMSメッセージの送信も、チャットもビデオ電話も1つのアプリで行うことができる。ただし筆者個人は、この統合はあまり好きではない。そもそもHangoutsをほとんど使っていないし、この取り組みは、Googleにサービスの利用を強制されているように感じる(あるいは少なくともこのサービスがそこにあることを意識させる)。また、インターフェースもまとまっておらず、特定の相手からSMSとHangoutsのメッセージが両方来ると、スレッドは別々になり、切り替えながら使う必要がある。

Hangoutsは、チャットとSMSメッセージを統合し(左)、デフォルトのSMSアプリとしても機能する(右)。
Hangoutsは、チャットとSMSメッセージを統合し(左)、デフォルトのSMSアプリとしても機能する(右)。
提供:Lynn La/CNET

Google Now

 「Google Now」は「Android 4.1」(開発コード名「Jelly Bean」)から登場したが、今回ユーザーは「OK、Google」と発声すれば検索を開始できるようになった。KitKatでは、このサービスに2つ修正が加えられた。第1に、Google Nowを有効にしている場合、ホームボタン長押し以外に、ホーム画面で左にスワイプすることによってもアクセスできるようになった。

 第2に、検索を開始するのに、いちいち手動でGoogle Nowを起動したり、マイクのアイコンをタップする必要はなくなった。魔法の言葉を言うだけで、自動的に検索が開始される。あまりにも自動的で、熱心すぎると感じるほどだ。実際、遠くからでも十分大きな声で「OK、Google」と言えば、デバイスを手にしなくても検索できる(あるいは、似たような発音の言葉でも起動できる)。もちろん、この機能を設定で無効にすることもできる。

KitKatでは、Google Nowはホーム画面の左に置かれており(左)、音声検索(右)はより深いレベルでユーザー体験に組み込まれている。
KitKatでは、Google Nowはホーム画面の左に置かれており(左)、音声検索(右)はより深いレベルでユーザー体験に組み込まれている。
提供:Lynn La/CNET

 後編に続く。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]