logo

こんな「iPhone」が欲しい--米CNET読者調査で判明した理想像 - (page 2)

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2013年09月05日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Morgan Stanleyが最近発表した試算によると、iPhone 5Cでプラスチックを採用した場合、5Cの機械部品全体のコストを、AppleがiPhone 5で支払っている33ドルから、約半分の16ドルまで低減できるという。

iPhone 5Sの最も重要な機能のうわさ

 バッテリ持続時間の改善は要望がずば抜けて多い機能だった。無理もない。スマートフォンのバッテリ持続時間は改善されつつあるが、かつてフィーチャーフォンで当たり前だった水準にはまだ遠く及ばないからだ。画面がどんどん大型化し、バッテリを大量に消費するようになっていることも、その大きな要因だ。

 AppleのiPhone 5は1440mAhのバッテリを搭載している。同社のテストでは、用途別のバッテリ持続時間は以下のとおりだ。

AppleはiPhone 4Sのバッテリ問題を解決するのに別の手法を取ることができたかもしれない。
AppleはiPhone 4Sのバッテリ問題を解決するのに別の手法を取ることができたかもしれない。
提供:CNET
  • 通話時間は3Gで8時間
  • インターネット利用は3GまたはLTEで8時間
  • Wi-Fiでのインターネット利用は10時間
  • オーディオ再生は40時間
  • ビデオ再生は10時間
  • 連続待受時間は225時間

 これはiPhone 5の前機種であるiPhone 4Sの数値とほとんど同じだ。米CNETが独自にテストしたところ、ビデオ再生は約9時間、通話時間は通信キャリアによってまちまちで、7.37~8.48時間だった(詳細は米CNETのテスト結果全文を参照)。

 したがって、重要なのは当然、Appleはどうやってバッテリ持続時間を延長するのかということだ。最も簡単なのは、より大容量のバッテリを搭載することだろう。AppleはiPhone 5でそれを行ったが、容量の差はわずかだった。その前のバッテリユニットは1432mAhで、iPhone 4の1420mAhからほんの少し増量されただけだった。しかし、真の改善を行うには、Appleはもっと容量を増やす必要がある。

 ほかの数社の企業、とりわけ「Android」デバイスメーカーはその道を選択している。特にMotorolaは、この問題に複数の切り口で対処する興味深い例を示した。バッテリ容量に加えて、電力消費の激しいタスクを減らすように設計されたハードウェアの両面から対処するというアプローチだ。(Google傘下の)Motorolaが開発した「Droid」スマートフォンの「Maxx」バージョンは、物理的な本体サイズを大型化するという犠牲を払って、3500mAhの取り外し不可能なバッテリを搭載し、48時間のバッテリ持続時間を約束している。Motorolaの最新スマートフォンであるMoto Xは(Googleによれば)その約半分だが、バッテリ容量以外の部分で電力消費を削減する見事な対策が施されている。こうした対策では特別な低消費電力プロセシングコアが使用されており、同社の「OK Google Now」を起動して音声検索やアクションを開始する音声コマンドを常時受け付けられるように設定されているほか、別の同様のコアはさまざまなハードウェアセンサを追跡する。

iPhone 5用筐体を加工しているところ。
iPhone 5用筐体を加工しているところ。
提供:Apple

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]