SEO管理分析基盤「Ginzametrics」新版、機能拡充--ダッシュボードなど追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ginzamarketsは6月11日、企業向けSEO管理&分析プラットフォーム「Ginzametrics」をバージョンアップした。「Ginzametrics API」も公開し、外部システムとの連携も可能となる。

 新版には「SEOダッシュボード」を追加し、ウェブサイトや集客領域の責任者がSEOで把握すべき情報を集約して表示する。競合比較状況やキーワードの変動を把握でき、担当者への詳細調査を指示できるという。

 キーワードごとに自社と競合他社の順位を毎日取得する「競合比較機能」も追加した。競合が上位表示されていて、自社が上位表示していないキーワードを自動的にリスト化するほか、キーワードセグメントごとでも比較できる。

 サイト内のページとページの間をチェックする「サイト内リンク分析」も追加した。タイトルの重複チェック、アンカーテキストの最適化、HTTPエラー、不適切なリダイレクトを自動分析する。

 Ginzametricsは、大規模サイトや多数のウェブサイトを持つ企業向けのSEO管理&分析プラットフォーム。検索順位やコンバージョン数を自動で計測し、SEOページ内部施策での課題を自動抽出する。管理画面は5言語、約65カ国のマーケットに対応しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加